初詣合格祈願医療事務の資格

医療事務 レセプト

初詣合格祈願医療事務の仕事

初詣合格祈願医療事務 レセプト

レセプトについて

日本国民は、例え健康に絶対の自信があっても、医療保険に入る義務があります。
ですから、病院でかかった診療費は、患者はもちろんのこと、保険者である国などにも請求されることになります。
健康保険には、会社などに勤務している人が加入する健康保険、自営で商売などをしている人などが加入する国民健康保険などがあります。
みなさんご存知の通り、患者の個人負担割合は一般的に3割となっており、この患者の自己負担金は、患者が病院に直接支払うことになりますが、保険者への請求はレセプト診療報酬明細書によって診療費の請求をすることになります。
このレセプトを作成する仕事が、初詣合格祈願医療事務業務のメインになります。

レセプトの作成

レセプト作成は病院だけではなく、診療所や歯科医院、調剤薬局でも行われています。
患者の診療結果点数が集計されたレセプトは月毎に作成され、レセプトの合計を記載した診療報酬請求書とともに審査支払機関に提出されます。
昨今は医療現場でもコンピュータ化が進んでいて、レセプトの提出は紙面でではなく、もっぱら電子媒体によるものが主流になっています。
記載された内容に瑕疵がなく、支払機関の審査に通れば、国などの保険者から診療報酬があなたの病院に支払われます。
なお、レセプトの作成が完了したら、事務スタッフや医師を交えて誤りがないか、十分再確認する必要があります。
レセプト(診療報酬明細書)作成はレセプト用紙に必要事項を記入して行います。
レセプト用紙記入欄は、基礎データ、点数欄、摘要欄から構成されており、基礎データ欄には、患者の個人情報や傷病名、診療年月などをカルテを見ながら記入します。
点数欄には当該診療行為の点数と回数を記入しますが、この点数と薬価点数との合計で診療報酬が決定されます。

レセプトの点検

レセプトに不備がある場合は、返戻といって審査機関からレセプトが差し戻されてきます。
この差し戻されたレセプトは、当然のことながら、不備を確認して再提出しなければなりません。
最悪、診療報酬額が請求額より少なく支払われたり、支払が次月にずれ込んでしまうこともあります。
それでも、診療料が少なければしょうがないですますこともできるでしょうが、入院患者などのレセプトには、 1件で百万単位のものもありますので、不備で少なく支払われたり、支払いがずれ込むようなことがあると、抜き差しならない経営状態にもなりかねません。
特に、大きな病院になるほどレセプトの量も膨大になるため注意しなければなりません。
必要事項が正確に入力されているか、自分の目でレセプトのチェックした後は、診療内容と疾病名が一致しているかを再確認するため、上司や担当医師にもレセプトに目を通してもらいます。


初詣合格祈願医療事務TOPに戻る

  

正月の縁起物 絵馬とお札の由来と解説です。
普段の生活習慣、努力と金運お守りでさらに金運が増します。モバイル(mobile)版です。