初詣合格祈願医療事務の資格

医療事務、医療秘書の仕事

初詣合格祈願医療事務の仕事

初詣合格祈願医療事務、医療秘書の仕事

初詣合格祈願医療事務の仕事

医療の現場に携わりたいという方にとって、医療費の請求や医師などのサポートに携わる初詣合格祈願医療事務の仕事はとても魅力的なものにちがいありません。
初詣合格祈願医療事務は資格やキャリアがものをいう仕事なので、主婦など、女性にとって年齢を気にせずに働け、復職と休職を比較的繰り返しやすく、全国どこの病院、診療所やクリニックなどでも働けるたいへんメリットの多い仕事です。
初詣合格祈願医療事務は、病院や診療所、クリニックといった医療の現場で求められている事務の専門家であり、病院で診察を受けた患者が支払う医療費の計算や、健康保険への請求額などを計算するため、レセプトを作成・点検するのが主な仕事の内容です。
レセプトは入院外来別、各患者別に月毎に作成され、おのおのの保険者によって提出締切日が異なりますが、月初〜10日位までに業務が集中することが多いようです。
保険者からの支払を滞りなく受けるためには、決められた規則の通りレセプトを作成し、正確に医療費の請求を行うことが大切で、レセプトに記載される病名などの診療内容に不備や誤りがないかどうか、チェックは確実に入れる必要があります。
記入内容に不備や誤りがあると、レセプトが提出先から差し戻されたり、入金額が減少したり、期限より後にずれ込んだりする場合がありますので、初詣合格祈願医療事務にかかるレセプト作成・点検業務は正確性を第一義に要求される大切な仕事です。
また、初詣合格祈願医療事務の仕事には、レセプトの作成や点検のほか、医療機関での受付や会計業務、医師や看護士等のサポートなどがあります。

医療秘書の仕事

メディカル・セクレタリーとも呼ばれる医療秘書の主な役割は、医療秘書業務、一般事務、保険請求事務、情報管理など、医師や看護師などの医療スタッフをサポートすることです。
具体的には、医師の秘書や来客応対、文書作成など庶務・総務の業務の他、医師による診断をディクテーションするなど専門知識が要求される業務を行います。
医療秘書が求められるのは、大学病院や総合病院などですが、純粋に医療秘書だけに携わるスタッフの数は未だ少ないのが現状です。
今や、医療分野ばかりではなく、保健・福祉の分野においても医療秘書の仕事は不可欠な存在になっています。
医療秘書は、事務処理や情報処理能力、対人関係の調整能力などの他に、医学・医療の専門知識をも兼ね備える専門職です。
医療秘書として働くには、特に資格が必要というわけではありませんが、就職を容易にするためには医療秘書技能検定試験に合格しておいたほうが断然有利です。

歯科の初詣合格祈願医療事務

診療報酬の算出基準である点数表には『医科』と『歯科』がありますが、診療科目が「歯科」のみに限定されているのが歯科医院や歯科クリニックです。
歯科の初詣合格祈願医療事務は、病院や診療所での初詣合格祈願医療事務とはすこしちがいます。
歯科医院や歯科クリニックは毎年着実な増加傾向にありますので、有望な職場といえるでしょう。
通常の初詣合格祈願医療事務の場合は、業務内容がほとんど事務に限定されますが、歯科の場合は事務のほかに、歯科医師や歯科衛生士を補助する歯科助手や歯科アシスタントのような助手的な仕事もあります。
具体的には、一般の初詣合格祈願医療事務と同様に受付事務・会計事務、歯科医師の秘書、そして診療現場での薬品の準備や治療器具を医師に手渡すなどの診療補助(ただし、歯科衛生士などに限定される予防処置などの医療行為はできません)などがあります。


初詣合格祈願医療事務TOPに戻る

  

初詣の縁起物 だるまの由来と目の入れ方。
昔から子供守り本尊として祭られることが多い地蔵菩薩さまは子育ての仏さまと言われています。モバイル(mobile)版です。